婚活プロフィールの極意|あなたの魅力が伝わる写真映りとコンセプト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

婚活 プロフィール」と検索する時、多くの人がプロフィールの書き方を求めていることだろう。検索に引っかかる記事もほとんどが、書き方や細かいプロフィール項目に焦点を当てている。

だが、実は自己PR文章や細かい項目よりも先に対策しなければいけないモノがある。それは「あなたの魅力が伝わる写真とコンセプト」だ。

お相手はまず最初に何の情報もない状態で、あなたのプロフィールを目の当たりにする。その時、判断材料とするのは文章よりも「写真から受ける印象」だ。そして、その写真から受けた印象が間違っていないか、より魅力的であるかどうかを文章を読んで想像を膨らませるのである。

まず写真、そしてその印象に沿ったコンセプト。それらがおざなりであれば、いくら自己PRをしっかり書いたとしても、そもそも興味を持ってもらえずお見合いやデートに発展しにくい。

しかしそれら写真やコンセプトの重要性についてハッキリと言及しているインターネット上の記事は少ない。

そこで本記事では結婚相談所を30年以上営む婚活のプロである私、高橋清隆が、プロフィールの極意をしっかりとお伝えしていく。多くの人が陥っている「婚活をプロフィールだけで判断する落とし穴」や、婚活を成功させるための心得、そしてあなたからドンドン攻める婚活ではどう考えて行動すべきかも、全てご説明する。

この記事を読んで婚活のプロフィールを有効なモノに仕上げ、最高のお相手と結婚を果たすためのヒントを得てほしい。

1.婚活プロフィールの極意|魅力が伝わる写真映りとコンセプト

婚活のプロフィールが魅力的になる極意、そのカギを握るのは冒頭でもお伝えした通り以下の2つである。

  • 魅力的な写真
  • 魅力的なコンセプト

まずはこの2点について、それぞれご説明していく。

1-1.婚活のプロフィールで最も重要なのは〝魅力的な写真〟

魅力的な写真〟は、婚活のプロフィールを魅力的にする上で絶対に外せない要素だ。お相手があなたを選ぶかどうかは、8割以上、プロフィール写真が握っていると言っても過言ではない

当たり前のようでいて、実際に写真の重要性をわかって実践できている人はかなり少ない。しっかりとチェックしよう。

1-1-1.写真から受ける第一印象がすべてを決める

お相手がプロフィールであなたを判断しようとするとき、写真から受ける第一印象が勝負となる。それは単純にイケメンだから、美女だからという判断ではない。

写真の第一印象は、その人の性格や雰囲気、態度、物の考え方までも印象付けてしまう。例え実際にはとても美しくて心優しい女性であったとしても、ムスッとした顔で髪がボサボサ、目が血走っていれば、誰でも「こんな相手はゴメンだ」と思ってしまうはずだ。

当然そこまでヒドイ写真を載せることはあまり無い。しかし、なんとなく撮っただけの写真を使っていると、気付かないうちに見る人に悪印象を与えてしまっているかもしれない。悪印象でなくとも、当たり障りのない印象しか伝わらないと、お見合いやデートへと繋がらないこともある。

写真の出来があなたの婚活の成功を左右する大事な要素なのだと、まずは肝に銘じよう。

1-1-2.プロに撮ってもらった綺麗な写真だからといって万能なわけではない

結婚相談所の場合、入会する人の大半が、プロフィールにはプロのカメラマンに撮ってもらった綺麗な写真を用いる。しかし、プロに撮ってもらった写真だからといって万能なわけではない。

確かに綺麗な写真はそれだけで印象が良くなる。しかし婚活をする人もバカではない。プロに撮ってもらった写真が「普段よりも何段階か印象よく見えている」ことには当然気が付いている。

となると、写真ではよく写っていても「実物はこうだろう」と勝手に想像して判断を下してしまう。そもそも容姿が良さそうに見える人であれば、綺麗な写真の力を活かすことはできるかもしれない。だが、そうでない場合にはプロ撮影の写真だから大丈夫だと油断してはならない。

綺麗さを最優先した写真だからこそ、逆にあなたの魅力が損なわれている可能性すらある。気をつけよう。

1-1-3.万能な写真とは|自然な笑顔が一番魅力的な印象を与える

ではお相手に良い印象を与える万能な写真とは何か? それは「自然な笑顔で写っている」写真である。

笑顔は何にも勝る最高のオシャレだ。もしプロ撮影の写真が少しぎこちない笑顔だったとすれば、「素人が撮った自然な笑顔の写真」の方が支持される可能性もある。

実際に、他の相談所で全くお見合いにならなかった人が私のところへやってきて、私が撮った写真を使って成婚になったケースは山ほどある。プロフィールに使う写真は変に気取ったモノではなく、自然な笑顔で写っているモノを選ぼう。

1-1-4.検索結果に出るメイン写真は「プロフィールを読んでもらうためのフック」

また、検索結果に出るメインの写真は「プロフィールに興味を持って読んでもらうためのフック」なのだと考えよう。お相手がプロフィールを検索している時、まず目に飛び込んでくるのがプロフィール写真である。

  • 年齢
  • 年収
  • 住んでいる地域

などの要素は、検索で項目を絞っているため検索結果の画面ではそこまで重視されにくい。そのため、お相手が検索結果からあなたのプロフィール詳細画面に移動するのも、ほとんどがプロフィール写真を見て判断している。

もしプロフィール写真が「この人は自分の対象外だな」と思われるモノであれば、自己PRや趣味などの欄は読んですらもらえないだろう。自己PRなどのプロフィールを洗練することも当然大事だが、プロフィールを読んでもらうためにはまず、写真を良くする必要がある。

1-1-5.できる限り複数枚の写真を使ってあなたの魅力を伝える

もしプロフィールに写真を複数枚、設定できるなら必ず2枚以上は載せよう。

とても自然な笑顔であなたの魅力が伝わる写真を設定して、お相手にプロフィールを読んでもらえるようであれば素晴らしい状況だ。ただ、もし写真を1枚だけしか設定していないのであれば、魅力を伝えられるせっかくのチャンスを活かしきれていない。

ここまでお伝えしてきた通り、写真が相手に与える影響は大きい。だからこそ、写真を1枚だけでなく2枚以上載せることであなたの魅力を最大限お相手にアピールするのだ。例えば女性のプロフィール写真の例を挙げると、以下の通りである。

  • 1枚目:綺麗な室内で撮った、清潔そうな服装に優しそうな笑顔
  • 2枚目:外で撮った、仔犬と遊んでいる楽しそうな笑顔

このように、シチュエーションは違うがその人の魅力が現れている写真を複数設定しておくことで、よりお相手はあなたの魅力に気づくことができる。

1-1-6.お見合い・デート当日はプロフィール写真と同じメイクや雰囲気で臨む

また、プロフィール写真は撮っただけで終わりではない。もしあなたがめでたくお見合いやデートすることになった際には「プロフィール写真と同じメイクや雰囲気で臨む」ように心掛けよう。

お相手はプロフィール写真のあなたを第一印象として記憶している。それがフタを開けてみると、服装もメイクも髪型も違うようだと「思っていた印象と違う」とせっかくのチャンスを不意にしてしまう。

初対面であるお見合い・デートの当日は最低限、プロフィール写真と同じ雰囲気になるように気をつけよう。もし写真撮影でプロにメイクしてもらっていたなら、自分で同じようにメイクできるように練習しておくか、デート当日もそのプロに頼んでメイクしてもらうよう準備しておこう。

1-2.コンセプト|真剣に結婚を望んでいる相手にあなたの魅力を伝える

さて、ここまででプロフィール写真の重要性を説明してきた。ここからは写真と同じく重要となる「コンセプト」について解説する。

1-2-1.コンセプトはあなた自身の魅力を素直に伝えるためのモノ

コンセプトとは「お相手に、あなた自身の魅力を素直に伝えるためのモノ」である。

まずはあなたがどういった人物であるのかをしっかり見極め、そしてあなたのコンセプトを決定する。特に、婚活のプロを使わずにあなた自身だけで活動を進める場合、大まかにでもコンセプトを決めておかないと、プロフィールがぐちゃぐちゃになってしまう。

そうなると、お相手が読んでも「この人は一体どういう人なんだろう?」とよくわからない印象で終わってしまう。

1-2-2.具体的な好かれるコンセプト|明るい・優しそう・頼りになりそう

具体的に、お相手に好かれるコンセプトとは次のようなモノだ。

男性

  • 優しそう
  • 頼りになりそう

女性

  • 優しそう
  • 明るそう

これらは一例ではあるが、上記のコンセプトは万人受けしやすい。しかしあくまで、あなた自身が「優しさがにじみ出ている」「頼りになる人物だ」というような魅力を備えている必要がある。コンセプトは相手に嘘をつく手段ではなく、あなたの魅力が伝わりやすいように情報を整理したり方向性を決めるためのモノだからだ。

ただし「優しそう」というのも、誰よりも優しいかなど他人と比べる必要はない。あなた自身の魅力であればコンセプトとして充分である。

1-2-3.コンセプトが決まると写真・自己PR・その他のすべての方針が決まる

あなたの魅力を表すコンセプトが決まると、写真・自己PR・その他の要素の方針も決まってくる。

例えばあなたが男性で、「活発で頼りになりそう」というコンセプトでプロフィールを作るなら、以下のようなプロフィールになってくる。

写真

  • 1枚目:髪型や服装も清潔感があり、元気そうで自然な笑顔
  • 2枚目:趣味であるサッカーをしている、爽やかそうな笑顔の全身写真

自己PR>(あくまで一例)

プロフィールをご覧いただきありがとうございます。周りの友人からは「いつも明るくて元気だね」と言われます。

ワイワイ過ごすのが好きで、休日には所属しているクラブでサッカーをしたり、男友達と車で日帰り旅行に出掛けたりして、リフレッシュしています。

お互いに何でも話し合って、たわいのないことでも笑って過ごせる温かい家庭をいっしょに築いていきたいです。ぜひお話ししましょう。よろしくお願いします。

その他

  • 趣味:サッカー、スポーツ観戦、ドライブ、旅行
  • 休日の過ごし方:友人とスポーツしたり、ドライブに行くなど基本アウトドアです。普段から僕が計画を立てて友人を誘うことが多いので、もし気の合う女性と出会えたらその時も是非エスコートさせてもらいたいですね。

上記のように、コンセプトが反映されたプロフィールとなるように考えていくと、あなたの魅力がより伝わりやすくなる。

1-2-4.コンセプトが決まっていないと何を書くべきか分からずプロフィールがブレる

逆に、コンセプトが全く決まっていないと何を書くべきか分からず、プロフィールはブレてしまう。

写真、自己PR、趣味など、それぞれの要素を考えるのに精一杯になってしまい、繋がりが感じにくくバラバラな印象となりやすい。「どんなプロフィールにしたらいいか分からない」というのはコンセプトが定まっていないから、とも言える。

プロフィールを作り込んでいくときには、まず自分の魅力を伝えるためのコンセプトを考えるように意識しよう。

ここまででお話してきた通り、婚活においてプロフィールを魅力的にするには写真とコンセプトが必要であるとお分かりいただけただろう。プロフィールを有効にする考え方がわかった上で、次はそれを踏まえてどう動くべきかをお伝えする。

2.攻める婚活|お相手のプロフィールを判断する時の秘訣

さて、前章であなたのプロフィールを魅力的にするヒントは得られただろう。しかし、それはあくまで「あなたのプロフィールを良くするヒント」にすぎない。

婚活をするときにはあなた自身ではなく、お相手のプロフィールを判断する必要も出てくる。ここからはその秘訣について解説していく。

2-1.プロフィールで受けた印象をそのまま相手の印象だと思わない

お相手のプロフィールを見るとき、そのプロフィールから受けた印象をそのまま相手の印象だと思わないようにしたい

2-1-1.お相手のプロフィールは写真映りが悪くコンセプトもない可能性がある

あなたは本記事を読んだことで「写真」と「コンセプト」の重要性がなんとなく分かったことだろう。しかし大半の方はそこの盲点に気付くことなく婚活をしている。

実はお相手のプロフィールは、その2つが抜け落ちた写真が映りが悪くコンセプトも練られていない状態の可能性があるのだ。その場合、「単にプロフィール自体が洗練されていないだけでお相手自身の印象とは違う」可能性が出てくる。

むしろ本記事でご紹介したように万全の状態のプロフィールは珍しく、プロフィールは仕上げられていない方が普通だと思った方が良い

2-1-2.よほど自分の許容範囲とズレていない限りは会って判断をする

するとお相手のプロフィールで受ける印象は、実は本人を判断する材料になっていない可能性もある。なので、よほど自分の許容範囲とズレていない限りは会って判断するのが賢明だ。

放っておいてもどんどん申込が入って、そもそもお見合い相手に困らない場合は会う人を絞っても良い。だが、それでも理想的なお相手を探すなら出来る限り会うようにしたい。

2-1-3.プロフィールだけで断っていたお相手と結婚した実例もある

ひとつ、私の結婚相談所で起こった実例を挙げよう。

とある女性(Aさん)は私の相談所の会員だった。Aさんはある男性をプロフィールだけで判断して「この人とはお見合いしません」と言っていた。しかし私はその男性を直に見たことがあり、「この男性とAさんは絶対合うはずだ」と密かに思っていたのだ。

なので、Aさんは乗り気でなかったものの、定期的に私はその男性を勧めていた。「あの人と一回会ってみない?」と。断り続けていたAさんも、半年ほど婚活をしている中で少し焦りが出てきたのか、「まぁそこまで言うなら」とその男性とお見合いをした。

すると私の予想は的中。今までの苦戦がウソのようにAさんはその男性とスルスルッと交際に発展、そして結婚するに至った。「この人は運命の相手です、本当に会ってよかった! 」とはAさんの談。

このように実際に会うと、プロフィールでは分からなかった魅力に気付くこともあるのだ。

2-2.お相手を検索するときの項目を絞りすぎるとチャンスを逃す

こちらからお相手のプロフィールを探すときも、検索項目を絞りすぎるとチャンスを逃してしまう可能性がある。特に気をつけるべき項目は以下の3つだ。

  • 年齢
  • 年収
  • 住所

順に見ていこう。

2-2-1.検索で気をつけたい項目①:年齢

まず検索するときに気をつけたい項目は「年齢」だ。お相手を探すときに年齢で絞る方は多いだろう。しかし、その年齢の絞り方には特に意味がなく、カンだけで絞ってしまっているかもしれない。

例えばあなたが30代の女性だとすると、30〜40歳くらいの男性を検索する場合が多い。しかし実際には40代、50代の方でも素敵な人はいるし、むしろ40〜50歳くらいの男性からの方が需要はあるだろう。

「2-1-3.プロフィールだけで断っていたお相手と結婚した実例もある」でもお話した通り、プロフィールはあくまでもデータにすぎない。会ってみると魅力的な可能性は充分ある。年齢だけで絞りすぎないように注意しよう。

2-2-2.検索で気をつけたい項目②:年収

また、「年収」も気をつけたい検索項目だ。これは特に女性が多く当てはまる。

すでに年収が高い男性も当然いるが、そういった男性だけを対象にすると婚活が難しいこともある。それよりも、今はまだ発展途上なだけで後々基準に届く男性もいるのだ。若い男性なら尚更。

今は例えば年収400万円ほどでも「実は経営者の息子で、このまま行けば次期社長になり高収入となることが目に見えている」なんてことは相談所では割とある。逆に今はある程度の収入があっても、会社の状況や本人の希望を聞いてみると恐らく頭打ちになりそうだ、というケースも珍しくない。

今の年収だけで検索して安易に候補から外さずに、相手の事情を加味した上で判断するとベストだろう。

2-2-3.検索で気をつけたい項目③:住所

気をつけたい項目の3つ目は「住所」だ。「地元から離れたくない」という理由で同じ都道府県でしか探さない人もいる。

だが、結婚したらあなたの方まで来てくれる人、むしろ今住んでいる地域から離れたい人は少なくない。その場合、最低でも近県に範囲を広げるとアッサリお相手が見つかることもある。

また例えば、今は東京に住んでいるが地元は大阪で、結婚したら大阪に帰りたい人もいるだろう。地域を絞るのは有効ではあるが、余裕をもって探してみると意外とお相手が現れるかもしれない。

3.結婚相談所の場合|プロフィールだけで伝わりにくい時の対策

ここからは結婚相談所、特に腕の良いアドバイザー(仲人)がいる相談所での対策を解説する。

  • 婚活サイト、婚活アプリ
  • 婚活パーティ
  • 結婚情報サービス(データマッチング)

これらの婚活とは違って結婚相談所には「ひとり一人に担当者がつく」というメリットがある。それによって、プロフィールだけでお相手を判断する以外の動きが可能となる。

3-1.あなた自身のことを担当仲人にアピールしてもらう

まず、しっかりとした仲人がいる結婚相談所に入会しているなら、担当の仲人にあなた自身のことをアピールしてもらおう。

無料相談のときにしっかりと入会者のことを把握している相談所では、仲人たちは自社の会員のことを知り尽くしているはずだ。そういった仲人は、プロフィールで断ろうとしている会員に対してフォローをしてくれるだろう。

また、あなたがお見合いを申し込んで断られてしまったのが他の相談所の会員であったとしても、熱心な仲人であれば「なぜ断ったのか」を聞こうと連絡を取ってくれるはずだ。すると、あなただけで活動をしなければいけない他の婚活と違って、もう一回お見合いのチャンスを掴めるかもしれない。

3-2.プロフィールだけでは分からない面を担当仲人に聞いてみる

また、あなた自身が同じ相談所の会員からお見合いを申し込まれたときは、その会員の担当仲人から情報を聞き出そう。

するとプロフィールだけでは分からなかった情報が手に入り、より良い判断をする材料を得られるかもしれない。

3-3.仲人が真剣に紹介をしてくれたお相手とは会ってみる

そして仲人があなたに真剣に紹介してくれているお相手とは、一度は会ってみると良いだろう。

あなたはプロフィールだけで判断してしまうかもしれないが、仲人は実際に本人たちに会った上で「この人にはこの子が会っている」と判断している可能性もある。そうした良い出会いの可能性を潰してしまうのは惜しい。

さらに、もし会ってはみたものの、やはり微妙だったという時には「あなたはこういう人は合わない」というデータが蓄積する。それは失敗ではなく、あなたの婚活を成功に導くための貴重な情報となる。そうすることで、紹介の精度もだんだん高まっていくだろう。

こうした、結婚相談所ならではのテクニックやメリットも存在する。ぜひ参考にしてほしい。

4.まとめ|まずあなたの魅力が反映された写真とコンセプト作りに全力を注ぐ

婚活のプロフィールといえば、自己PRの書き方だけに目を向けてしまう人も少なくない。

しかし本記事で解説してきたように、まず自己PRをまともに読んでもらうためには「魅力的な写真」が不可欠だ。そして、写真で好印象を持ってもらってプロフィールを読んでいても、一本筋の通った「コンセプト」がなければ、あまり印象に残りにくい。

あなたの魅力が伝わる「コンセプト」を練って、それに合わせた「最高の写真」を用意しよう。そうすれば、その後に続くプロフィールの文章や項目も、自ずと魅力を秘めたモノになっていくはずだ。

本記事があなたとお相手を結ぶプロフィール作りの参考になれば幸いだ。ぜひ何度も読み返して充実した婚活を行うヒントにしてほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

いくら婚活をがんばっても成果が出なくて、希望を見失いかけてはいませんか?

  • ・初期費用を10〜30万円も払って結婚相談所に登録したのに、まったく交際に結びつかない
  • ・婚活パーティに何十回といっているのにお付き合いできたことがない
  • ・しっかりとサポートしてくれる仲人・アドバイザーがいる結婚相談所を探している

 

株式会社婚礼センターは結婚のお世話を引き受けた方を〝必ずまとめる〟という強い信念を持ってサポートする、兵庫県神戸市にある「成婚を請け負う」結婚相談所です。

あなたがなぜうまくいかないのか、その原因を探るために婚礼センターでは初回の無料相談で必ず「あなたについての事実・真実」を聞かせていただきます。それによって本当の原因・問題がわかり、あなたを成婚へ導く対策が見えてくるのです。

もし自分ひとりではなく、本当にあなたの味方となってくれる人に婚活をサポートしてもらいたい方は一度弊社の無料相談をお申し込みください。

※無料相談にあたって

  • ・無料相談当日は兵庫県神戸市中央区(三宮駅すぐ)にある婚礼センター本社にお越しいただきます。
  • ・他の相談所とは違い、あなたを知ることに集中するために婚礼センターの無料相談ではよほどの事情がない限り、当日の入会をお断りしております。(相談後、一度ご自身で冷静になってからご希望の場合には後日ご入会の旨をご連絡いただきます)
  • ・なぜ今までうまくいかなかったのか、これからどうするべきかを判断するため、包み隠さない事実をお聞かせください。「プライベートなことなのでお話しできません」という場合は無料相談を途中で打ち切らせていただくこともございます。あらかじめご了承ください。

 

昔ながらの頼れる仲人がいる〝成婚を請け負う〟結婚相談所

株式会社婚礼センター

TEL: 078-251-3677

(※お電話の受付時間 11:00〜18:00|火曜定休)

兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-7-20 明花ビル6A


メールフォームから無料相談を申込む

SNSでもご購読できます。