医者が結婚相手の女性に求める3つの要素|医師と出会う方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
医者 結婚

医者は人の命を救う素晴らしい職業。その仕事に見合った社会的地位や収入を備えており、結婚相手として憧れる女性は少なくありません。

ですが、その職業柄ゆえに医師は結婚相手となる女性に求める条件には一定の傾向が存在しています。

医師とお付き合いし、結婚するためにはあなた自身もそれ相応の魅力や立場を得ている必要があるのです。

本記事では結婚相談所を30年以上営み、数多くに医者の結婚をお世話してきた仲人である私、高橋清隆が〝医者が結婚相手の女性に求める条件・傾向〟を解説。

医師との結婚は本人たちだけでなく双方の親が関わってくることも多いため、「男性医師の親」についても言及。さらに今から医者と結婚するためにはどうすると確率が高まるかも合わせて書いてみました。

この記事で医者が結婚相手に求めるニーズを知り、あなたが憧れる医師を支える人生を歩み出すためのヒントを得てください。

1.医者が結婚相手の女性に求める条件・傾向

まずは医者がお見合いで結婚相手の女性に求める条件や傾向を見ていきます。

ただし相手は医者。そもそもがハイステータスであるので実際に求められるハードルは高い傾向にあります。読む人によってはその内容に頭を抱えてしまうかもしれませんが、しっかりとチェックしていきましょう。

1-1.医者本人と親では結婚相手に求める条件が異なる

結婚相手の女性に求める具体的な条件に入る前に、気をつけておきたいことがあります。それは「医者本人とその親では結婚相手に求める条件が異なる」という点。

なぜ親が求める条件が出てくるのかというと、家系的に医者が多い場合には親の意見が強い傾向にあるからです。

医者は基本的に以下の2つのタイプに分かれます。

  • 親がサラリーマンなど一般的な家庭で育った医者
  • 親が医者、開業医などの医師の家系で育った医者

もし後者である「医師家系で育った医者」の場合は、婚活に親の意向が入ったり、そもそも親自体が積極的に動いて結婚相手を探していることも珍しくありません。

1-1-1.開業医の妻(男性医師の母)はお見合いの経験で動くことも

開業医の妻(男性医師の母)はお見合いの経験があるケースが多いです。

その経験から、自身がお世話になった仲人の傾向やお見合いの流儀を学習しており、昔ながらの仲人のツテを探す傾向があります。

このように本人と親とでは求める条件が異なることも多いのです。次から本人と、医者の親が求める条件に分けて解説していきます。順に見ていきましょう。

1-2.医者本人が結婚相手の女性に求める3つの条件

最初は医者本人が結婚相手の女性に求める条件、傾向です。医者本人がよく求める傾向にあるのは次の3つ。

  • 人柄
  • 学歴

ひとつずつ解説します。

医者本人が結婚相手に求める条件①:顔

まずひとつめは「顔」です。歯に衣着せずにいえば、見た目が美人であったり可愛い女性かどうか。

こう言うと身も蓋もないかもしれませんが、婚活している医者は驚くほどにこのルックスを求める傾向が強いのです。当然ですが、医師はハイステータスな職業。医師と聞けば心惹かれる女性も多く、自然と寄ってくる女性のレベルは高いでしょう。

そうなると医師は自身のステータスに合う、ルックスが良い女性を求めます。条件は絶対的ではないですが、あなたが医者との結婚を求める女性であるなら元々容姿が良いか、心の美しさから来る人柄が顔に、外見に現れるよう努力する必要があるでしょう。

医者本人が結婚相手に求める条件②:人柄

次に医者本人が求める条件にあるのは「人柄」です。一般的な婚活であっても求められるのは下のような人柄の良い女性です。

  • いつも笑顔で明るく温かい雰囲気の女性
  • 自分が求めるのではなく相手に与える心の豊かな女性
  • 周りを気遣い、一緒にいる人とホッとさせる女性

医師もそれにもれず、人柄を求めています。過酷で精神力を必要とする医療現場では働く自分を支えてくれるような女性を求めるのは何ら不思議ではありません。

また、子育てについても医師本人は多忙のため、「この人に任せておけば安心だ」と思えるような教養と人柄を備えた女性を選ぼうとします。

医者本人が結婚相手に求める条件③:学歴

さらに3つめとして、「学歴」も医者本人が結婚対象の女性に求める傾向にあります。

それは以下のような理由だからです。

  • 医師が「自分の子供も医者にしよう」と考えている場合、しっかりと教育できるよう頭の賢さを求める
  • 病院の勤務医である場合、他の医者と家族ぐるみの付き合いをすることになり、その時には妻の器量が試されるため

基本的には夫となる医師の生活水準に合った学力を求められる可能性は高いのです。

1-3.医者の親が結婚相手の女性に求める3つの条件

続いては、医者の親が結婚相手の女性に求める条件について。

  • 人柄(教養)
  • 学歴(本人以外にも親、親戚なども)
  • 女医・薬剤師

これらは特にあなたのお相手である男性医師の親も、医者であるときに当てはまる傾向です。知っておいて損はないので、ひとつずつ見ていきましょう。

医者の親が結婚相手に求める条件①:人柄(教養)

親が医者である場合、子供の結婚相手に「人柄」を求めます。これは由緒正しい医者の家系であればあるほど見られる傾向です。

単純の息子の幸せを望むからでもありますが、医師の妻として家族付き合いを円滑にしてほしいという意味合いもあります。環境の良い家庭で育った女性であれば、それなりの教養や人柄を身につけていたりするため、色々な面で人柄のよさを求められるでしょう。

医者の親が結婚相手に求める条件②:学歴

医者の親も、お相手の女性には「学歴」を求める傾向はあります。本人のときと理由は同じで、子供の教育で活躍できる頭の良さを備えていてほしいからです。

偏見のように思われるかもしれませんが、親も一生懸命活動している婚活の場ではこうした〝学歴〟なども求めているのが事実、多いのです。

医者の親が結婚相手に求める条件③:女医・薬剤師

そして、親自身が医師であるならば特に相手が「女医・薬剤師」であることを求めています。

親が開業医であったり病院の経営者だと、息子や経営する病院の役に立つと考えるため。家系としても女医であれば箔がつきます。

 

ここまでお話しした条件はもちろん絶対とは言いませんが、医者の妻として相応しいかどうか、自分の家柄と釣りあうかを見られる傾向にあるのは確かです。

2.女性が医師と結婚したいときに求められる心構え

前章でも医者が結婚相手に求める条件をお伝えしましたが、女性が医師と結婚を考えるのであれば心構えが必要になってきます。

医師と結婚したい女性が婚活するときに持っておいた方がいい心構えをご紹介していきます。

2-1.そもそも婚活の場に医師が少ない

やはりそもそも婚活の場にはなかなか医師がいないという状態は把握しておかなければいけません。

日本全国に医師は数多く存在していますが、その方々が婚活の場にいるかどうかはまた別問題。当然、医師という職業のみを対象として婚活を進めるのは難易度が高いのです。

2-1-1.医師はすでに学校や職場で結婚をしている可能性が高い

医者は婚活をする前に、すでに学校や職場の女性と結婚をしている方が多いです。男性医者と結婚をする職業でもっとも多いのが「看護師」。

日経BP社発行の「医学部進学ガイド2018」に掲載されている〝20代・30代の若手医師1001人を対象に行ったアンケート調査〟では、以下のような結果になっています。

結婚時点での配偶者の職業(男性医師のお相手女性)

順位 結婚時点での配偶者の職業 割合
1位 看護師 30.7%
2位 医師(女医) 23.8%
3位 その他の医療専門職+病院の事務系スタッフ 15.9%
4位 会社員 14.4%
5位 無職・家事手伝い  4.3%

データ出展:日経BP社「医学部進学ガイド2018」 P.19より

看護師、医師(女医)、その他医療専門職+病院事務系スタッフを合わせると69.6%。結婚している男性医師の約7割が医療関係の女性と結婚をしていることが分かります。

医者と結婚をするチャンスを掴みたいのであれば、ある意味あなた自身が女医や看護師であるなど医者とお近づきになれる職業についているのが近道。

ですが、そうではない場合には医者と出会える可能性は低くなってしまうでしょう。医師と結婚したい女性が取るべき婚活方法については本記事の後半でご紹介します。

2-1-2.医者との結婚に求めているモノが何かを自問自答する

そういった「そもそも見つかりにくい相手」を結婚相手として求めるのは難易度が高いと、薄々は感じておられるでしょう。「だから諦めましょう」とは言いませんが、あなたが「医者との結婚に求めているモノは何か」を一度見つめ直してみる必要はあります。

  • 人の命を救うという素晴らしい職に就いている医師を支えたい
  • 医師はハイステータスだから奥さんになれればリッチに生活できそう
  • あなた自身も医者の家系だから医師と結婚をすることを求めている

上は一例ですが、人によって理由は様々あるでしょう。

2-1-3.求めているモノによっては医者以外の結婚相手を探す

「医者との結婚」に求めているモノによっては、医者以外との結婚相手を探すことも検討しましょう。

もし年収が高い男性と結婚したいということであれば、医師でなくともハイステータスの男性は充分見つかります。大手企業に務める結婚適齢期の男性であれば、年収1000〜2000万円くらいは探せば見つかるのです。

さらにお相手の男性がある程度の会社経営者であったり、独立している人の方が経済的自由や時間的制約が少ない可能性もあります。

一度なぜ自分は医者と結婚したいのかを考えてみましょう。そして医者でなくとも良い場合には視野を広げて婚活することをオススメします。

※収入目当ての女性には警戒している

当然ではありますが、医師は自分がハイステータスであると自覚しています。高収入だから、将来が安泰だから、と医師のスペックだけを目当てにする軽い気持ちは、すぐ見抜かれると思っておいた方が良いでしょう。

2-2.医師と結婚するためにはあなた自身にもかなりの魅力や好条件が必要になる

前章でお伝えしてきた通り、医者を対象として婚活をするのであれば「あなた自身にもかなりの魅力・好条件」が必要になることも肝に銘じる必要があります。

私はこの記事を読むあなたがどういった方であるかはわかりません。しかし婚活市場でも、思っている以上に若く、美しく、頭脳も明晰な女性は多いのです。婚活ではそんな周りのライバルと比較されて、医者との結婚を勝ち取らなければいけません。

もし外見に自信がないのであれば、今こそ自分を高めるチャンスだと捉えるのです。慢心せずに心身ともに高めていき、優しさが目に宿るような心健やかで美しい人柄の女性を目指しましょう。

2-3.恋愛結婚ができない可能性も覚悟しておく

また、婚活をして医師と結婚するのであれば「恋愛結婚ではない可能性」も覚悟しておきましょう。

もしあなたが本当に素晴らしく魅力的な女性であれば、医師に限らずあなたが望むステキな男性と恋愛結婚できるチャンスはあります。しかしそれでもなかなか恋愛に発展しづらいこともあります。

恋愛を経てお互いを強く惹かれ合うパートナーになれば、とても素敵なことではありますが「医師との結婚」を目指すのであれば目的を優先しなければ厳しい場面も出てくるでしょう。

〝医師との結婚〟を考えているのであれば、その現実としっかりと向き合い、事前によく考えておかなければいけません。

 

さて、ここまででなかなか厳しいことを書いてしまっているため、読んだ方は「ハードルの高さ」を感じているかもしれないですね。事実、婚活で医師と結婚するというのはそういった「通常とは違う馴れ初め」を承知の上で行うものです。

あなた自身の魅力に加えて、そもそもどうやって医者と出会うのか、そして本当に結婚する覚悟があるかも重要となってきます。

3.医者と結婚したい女性が試すべき婚活方法

さて、ここからは医者と結婚したい女性が試すべき婚活方法をご紹介します。あくまで「医者と出会える可能性がある婚活方法」ではありますが、参考になれば幸いです。

私がお伝えする婚活方法は以下の2つ。

  • 医師が多い婚活サービスを利用する
  • 医師が出入りする職場で働く

順に見ていきましょう。

医者と出会う婚活方法①.医師が多い婚活サービスを利用する

医者と出会う婚活方法の1つ目のは「医師が多い婚活サービスを利用する」です。医師が多い婚活サービスとは以下のようなモノを指します。

  • ハイステータスの人が登録する結婚相談所
  • 医者が参加すると確定している婚活パーティ

基本的に結婚相談所は、出会いアプリや婚活パーティなどの他の婚活よりも費用がかかるため、高収入な男性が集まりやすい場です。さらにその中でもハイステータスな人向けのサービスをしている相談所も存在します。

実際に私の結婚相談所では、男性医師を紹介してくれる仲人さんに対してお礼を支払うなど、仲人とのつながりを存分に活かして常時200人ほどの男性医師の情報を集めています。

その200人中の150人ほどを身上書という、昔ながらのお世話を好む男性医師の親御さまから求められるプロフィールと写真でお世話しています。

また、高収入の男性のみ、あるいは医者が集まる婚活パーティや婚活イベントなどに参加するのも手です。ただしそういった最初からハイステータスな男性を集めているサービスでは、女性側にも一定のハードルを設けていることも珍しくありません。

医者と出会う婚活方法①-1.一部では伝統的な結婚相談所を好む傾向もある

先ほど少し話題に出ましたが、一部、自身が医者である親御さんは「伝統的な結婚相談所」を好む傾向があります。「医者の親が結婚相手に求める条件」でもお話しした通り、〝親の学歴・職業・年収等〟を大切にしたい方もいらっしゃるからです。

親の学歴・職業・年収をしっかりと確かめたい場合、そもそも登録する段階で以下の情報を把握できている相談所を求めています。

  • 本人にはどういった経歴があるのか?
  • 親兄弟、親戚はどういった仕事に就いていて、今までの経歴はどのようなものか?

これをしっかりと把握するには、今では扱う相談所が少なくなってきた「身上書(釣書)」というモノで会員の結婚のお世話を引き受けているところを探すのです。

医者と出会う婚活方法②.医師が出入りする職場で働く

医者と出会う婚活方法のふたつめは、「医師が出入りする職場で働く」こと。

医者との出会いを求めるのであれば、やはりそもそも距離が近いところにあなたがいることも大切です。当然、女医や看護師などであれば元々の職場で良いですが、それ以外の職業であったも以下のように働けば医者との人間関係を作ることができるかもしれません。

  • 病院で事務として働く
  • 大学病院の教授秘書などとして働く

大学病院の教授秘書の仕事は〝教授の知人の娘〟などが就くケースも多いですが、そうでない人が働いていて婚活が成功したケースも私は知っています。

医者と出会う婚活方法②-1.医科大教授の秘書として働いて縁談がまとまったケースもある

私が知っている実際のエピソードがあります。お医者さんの父親を持つ20台後半の女性が、教授のところで秘書として働き出して半年足らずで医師からプロポーズを受けたのです。

その教授のところにはよく医師が出入りしているので、その女性に興味を持ったとのことでした。実はそういった話はひとつだけではなく、やはり職場に新しい女性が現れるとチャンスと感じてお医者さんもアプローチをかけるようです。

本記事でご紹介した「医学部進学ガイド2018」のアンケートで若手医師の妻が15.9%、〝その他の医療専門職、その他病院事務スタッフ〟だったように、男性医師が同じ職場で働いている女性と結婚するケースは意外とあります。

当然あなた自身の魅力を磨いておく必要はありますが、医者がよく出入りする環境に身を置くのも立派な婚活です。(ただし医療現場は人の健康、命が関わる職場でもあるため、婚活をする感覚だけでなく、当然真面目に働くことが前提です)

まとめ|あえて医者と結婚をするにはあなたにも相応の覚悟が必要

医者は人の命を支える、なくてはならない職業。とてもやりがいがある反面、日々プレッシャーを感じたりたゆまぬ研鑽が必要なので、心身ともに激務です。

そんな医師の妻となり、夫や家族、ひいてはその周りの方を支える人生は大変意義のあることでしょう。

しかし、ただ「医者は良さそうだから」「ハイステータス・ハイスペックだから」と安易な気持ちで医師を結婚相手に選ぶのは、結果的にお相手やあなたにとっての幸せにならないかもしれません。

本記事でご紹介したとおり、婚活の場(特に結婚相談所)で男性医師の結婚相手として求められる女性にはハードルがあることは事実です。

あえて医者との結婚をするためには、あなたもそれ相応の魅力・我慢・覚悟などが必要なのだと頭に入れておきましょう。それでもあなたが理想のお相手と結婚をし、そこからの人生に幸あらんことを心より願ってやみません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

いくら婚活をがんばっても成果が出なくて、希望を見失いかけてはいませんか?

  • ・初期費用を10〜30万円も払って結婚相談所に登録したのに、まったく交際に結びつかない
  • ・婚活パーティに何十回といっているのにお付き合いできたことがない
  • ・しっかりとサポートしてくれる仲人・アドバイザーがいる結婚相談所を探している

 

株式会社婚礼センターは結婚のお世話を引き受けた方を〝必ずまとめる〟という強い信念を持ってサポートする、兵庫県神戸市にある「成婚を請け負う」結婚相談所です。

あなたがなぜうまくいかないのか、その原因を探るために婚礼センターでは初回の無料相談で必ず「あなたについての事実・真実」を聞かせていただきます。それによって本当の原因・問題がわかり、あなたを成婚へ導く対策が見えてくるのです。

もし自分ひとりではなく、本当にあなたの味方となってくれる人に婚活をサポートしてもらいたい方は一度弊社の無料相談をお申し込みください。

※無料相談にあたって

  • ・無料相談当日は兵庫県神戸市中央区(三宮駅すぐ)にある婚礼センター本社にお越しいただきます。
  • ・他の相談所とは違い、あなたを知ることに集中するために婚礼センターの無料相談ではよほどの事情がない限り、当日の入会をお断りしております。(相談後、一度ご自身で冷静になってからご希望の場合には後日ご入会の旨をご連絡いただきます)
  • ・なぜ今までうまくいかなかったのか、これからどうするべきかを判断するため、包み隠さない事実をお聞かせください。「プライベートなことなのでお話しできません」という場合は無料相談を途中で打ち切らせていただくこともございます。あらかじめご了承ください。

 

昔ながらの頼れる仲人がいる〝成婚を請け負う〟結婚相談所

株式会社婚礼センター

TEL: 078-251-3677

(※お電話の受付時間 11:00〜18:00|火曜定休)

兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-7-20 明花ビル6A


メールフォームから無料相談を申込む

SNSでもご購読できます。