結婚相談所の料金の4大要素|タイプ別2つの傾向と相場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
結構相談所 料金

結婚相談所は基本的に他の婚活サービスと比べて費用が掛かります。なぜなら相談所は他の婚活サービスと違い、会員のひとりひとりに担当者がつくことで、その人件費が掛かるからです。「担当者がつくことによって円滑に婚活を進められること」が相談所を使うメリットなのです。

ですが〝費用の安い高い〟に注目しすぎることであなたが本来目的としている「結婚をして幸せな未来をつかむ」ことを見失ってしまう可能性もあります。

そこで本記事では結婚相談所の料金についてお伝えします。4つの料金要素の解説に加えて、相談所が2つの傾向に分かれている点にも言及。この記事を読んで「担当した人を成婚へと導ける」結婚相談所を料金から見極めるヒントを得てください。

1.結婚相談所の料金の基礎知識

まずは結婚相談所の料金について、基本的なことからお話ししていきます。

1-1.結婚相談所の料金には4つの要素がある

結婚相談所の料金は、主に4つの要素で出来ています。

  1. 初期費用(入会金・登録料等)
  2. 月会費
  3. お見合い料
  4. 成婚料

ひとつひとつに特徴があるので順に解説をしていきます。

料金要素①.初期費用(入会金・登録料等)

初期費用は「はじめの入会を申し込む時に掛かる料金」です。入会金や登録料などが初期費用にあたります。

結婚相談所の入会者はまず間違いなく何かしらの「結婚情報サービス」に登録することになります。その手続きや、プロフィール作成等を行うための費用なのです。

入会金自体は数万円ほどであることが多く、相談所によってはキャンペーン等で安くなりやすい料金要素。ただ結婚相談所自体の方針や申し込むコースによって、金額にかなりの差が出るでしょう。

初期費用が数万円程度の相談所・コースもあれば、30万円以上掛かることもあります。「なぜそこまで費用に差があるのか」などについて後ほど詳しくお伝えします。

料金要素②.月会費

月会費は「入会をしてから月々で掛かる費用」のこと。毎月掛かるため、数千円~2万円程度と他の要素に比べると金額は低めです。

料金要素③.お見合い料

お見合い料は、出会いの肝となる「お見合いをする時に発生する金額」です。一回ごとに数千円から数万円が掛かります。結婚相談所によってはお見合い料を0円にしているところもあります。

実はこのお見合い料は、結婚相談所を見極めるためのキーポイントにもなります。これも後で詳しくご説明します。

料金要素④.成婚料

成婚料は、結婚相談所に入会して「成婚」とした場合に発生する金額です。料金は数万円~数十万円と相談所によってかなり開きがあります。

相談所を通して交際しているお相手からプロポ-ズを受けた場合はもちろん、実は次のようにいくつか「成婚」と見なされるケースがあります。

  • 交際をはじめて6ヶ月が経過した時
  • 交際相手と婚前交渉を行った時
  • 交際相手と宿泊を伴う旅行に出かけた時

上のような「成婚と見なされるケース」は結婚相談所によって若干異なります。入会する時に「何が成婚とみなされるのか」はしっかりと確認しておきましょう。

1-2.結婚相談所の料金の平均額

平成18年に経済産業省が発表した調査に、結婚相談所の料金の平均額を調べたデータが載っています。それによると平均額は以下の通り。

仲人・結婚相談型サービスの平均額

  男性平均額 女性平均額
入会金(登録料) 63,276円 50,431円
月会費 5,232円 4,976円
お見合い料 6,566円 5,704円
成婚料 234,094円 208,010円

※出典:経済産業省「少子化時代の結婚関連産業の在り方に関する調査研究報告書」P18よりhttp://warp.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/281883/www.meti.go.jp/press/20060502001/houkokusho-shiryou-set.pdf

ここまででお伝えした通り、結婚相談所において料金は主に4つの要素に分かれています。

さて上のデータを見ると、特に「入会金(登録料)」と「成婚料」の料金が高いとお気付きになるでしょう。注目すべきポイントのため、この2つについては【3.特に注目すべきは「お見合い料」と「成婚料」】にて後ほど詳しくお伝えします。

まずは平均額について頭に入れておきたいことを確認していきましょう。

料金の注意点①.料金が平均に比べて高い・安いから良い訳ではない

何か商品やサービスを見極める時、その料金と業界平均がいくらになっているか比べてみること、よくありますよね。しかし結婚相談所を見極める際には「平均と比べて高い・安い」からといって良い悪いとは一概に判断しにくいのです。

当然、あなたご自身の予算との兼ね合いにもなってくると思います。ですが結婚相談所を見極める上で最も大事なポイントは「担当となる仲人の能力、相性」なのです。

担当となる仲人の能力を見極めるポイントについて詳しくは「結婚相談所の成婚率は8%台|信頼できる相談所の判断術」を参考にしてみてください。

料金の注意点②.結婚相談所では男女による料金差はほとんど無い

もうひとつの注意点は、男女による料金差がほとんどないこと。

多くの婚活サービスにおいて、女性の支払う費用は男性よりも低い場合が多いでしょう。これは主催者側が参加者を募集する時、大抵は女性の方が集まりにくいことによる処置です。特に婚活パーティでは男性4000~5000円に対して女性1000~2000円など、金額差が大きいことは〝ざら〟。

ですが結婚相談所の料金に関しては、男女で支払う額に違いはありません。キャンペーン等で多少の優遇をされる場面もありますが、サービスを受けるためには女性もしっかりと費用を用意する必要があるのです。

2.結婚相談所の料金タイプ別2つの傾向

ここまでで結婚相談所の料金・相場について基本的な点をお伝えしました。ここからはそれらを踏まえて

  • 結婚相談所の料金体系に見られる2つの傾向
  • 料金から、質の良い相談所を見抜く知識

を解説していきます。

とても重要になりますので、しっかりチェックしてください。

2-1.結婚相談所の料金は初期費用型と成婚料型の2タイプに分かれる

結婚相談所の料金体系は、大きく以下の2タイプに分かれます。

  1. 初期費用型
  2. 成婚料型

相談所の料金は、「初期費用が多いか」それとも「成婚料が多いか」になっているのです。その違いや特徴を詳しく見ていきます。

2-2.料金タイプ①初期費用型

初期費用型」とは言葉通り、料金の中でも「初期費用の占める割合が大きいタイプ」を指します。

  • 入会金
  • 登録料
  • 初期費用

これらの初期費用が高くなっており、その代わりに成婚料が少ないのが特徴です。初期費用だけで約20~30万円するタイプがあてはまるでしょう。

料金タイプ①-1.初期費用型のメリット

  • 初期費用がハードルになり、その相談所に集まる会員の質が高まる可能性がある
  • 高い料金を最初に出すことで自身のモチベーションを上げやすい
  • 結婚相談所が安定して経営をしやすい

初期費用型の最も大きなメリットは、入会のハードルが高い点。ハイステータスの会員ばかりを扱う相談所等では、まず入会する段階の費用で50万円以上、年収が1000万円以上等の基準を用意しているところもあります。

結婚の本質はお金だけでは分からないとはいえ、やはり最初に一定以上の金額を支払う覚悟や収入を有していることで、その人は本気度・ステータスの面では質が高いかもしれません。また、高い料金を支払うことで自分自身のモチベーションも向上することもあるでしょう。

ただ、上で挙げた3つのメリットはあくまで可能性や個人の性格にもよります。初期費用型は利用者側よりも結婚相談所側にとってのメリットの方が高いでしょう。能力の高い相談所であれば経営が安定化した分、会員のサポートに注力できるのでそれが利用者側にとってのメリットともなります。

料金タイプ①-2.初期費用型のデメリット

  • 結婚相談所は会員を成婚させなくとも儲かる
  • 最初に高額な費用を出すため間違った相談所を選んだ時の金銭的ダメージが大きい

次にご紹介する「成婚料型」と違い、初期費用型の結婚相談所ではまず最初に売上を確保できます。そのため会員を入会させた段階で、結婚相談所はビジネスとしての目標をある程度達成できてしまうのです。すると入会前は熱心だった担当者が、入会した途端にクールな対応を見せる可能性もあります。

また、結婚相談所の真価は入会してからの対応によって問われます。もし役に立たないと思ってしまうような間違った相談所を選んでしまった場合、初期費用型では金銭的なダメージが大きいでしょう。

【初期費用型の注意点|成婚しなくとも儲かる危険性】

ビジネス思考の結婚相談所では前述の理由から、初期費用型を導入しやすい。そして下手をすれば「成婚しなくてもいいので、長い期間会員として過ごしてもらえる方が儲かる」と考える相談所もあるかもしれません。

初期費用型で、初回相談時に強引に入会を勧めてくる相談所ではしっかりと吟味しましょう。決断する時には勢いが大事な場合もありますが、冷静に考えることも重要です。

2-3.料金タイプ②成婚料型

成婚料型」は読んで字のごとく、費用の中で「成婚料が最も重要視されているタイプ」。つまりは〝成功報酬型〟です。

初期費用型とは逆で、成婚料型は初期費用が低めに設定されています。大体の目安としては初期費用が3万円~10万円ほどに対して、成婚料が20~30万円ほどですね。

料金タイプ②-1.成婚料型のメリット

  • 初期費用がそこまで掛からないので金銭面で入会のハードルが低め
  • 会員を真剣にサポートをしなければ大きな売上が発生しないため相談所も真面目になりやすい
  • その相談所が自分に合わない場合に辞める、あるいは掛け持ちするなど切り替えやすい

成婚料型のメリットはなんと言っても初期費用が低く、成婚しなければ大きな費用が発生しにくい点です。これによって、入会してからも担当仲人は真剣にサポートしてくれやすいですし、肌に合わなければ他へ移る等の行動も取りやすいでしょう。

料金タイプ②-2.成婚料型のデメリット

  • 成婚しなければ大きな売上が発生しないので、早く結婚させようと無理な相手紹介が起こる可能性がある
  • 大きな売上を獲得するのに時間が掛かるため経営が傾く可能性がある

成婚料型を採用している相談所では、会員が成婚しないと大きな売上になりにくいです。それによってあなたをサポートする担当者は真剣になるのがメリットであるとお伝えしました。

しかしその副作用として、とにかく成婚をさせようとむやみに相手紹介をしてしまう仲人も出てくる可能性もあります。結婚相談所ではまずお見合いを行わないことにはその先に発展しません。ですが空回ってしまう担当者に当たってしまった場合には、自分はじっくりと相手を判断したい気持ちを伝えたり、紹介された相手を冷静に判断する必要があるでしょう。

2-4.結婚相談所を料金体系で選ぶなら成婚料型が良い

2つの料金タイプの中から相談所を選ぶのであれば、成婚料型が良いでしょう。基本的に成婚料型は「成果重視の料金システム」だからです。

そもそも成婚料型を採用する結婚相談所の場合、「会員を結婚させて、幸せにすることが結婚相談所の役目だ」というポリシーを強く持っています。

2-5.最も重視すべきは担当仲人の能力の高さと相性

ここまで料金体系についてお話ししてきました。ですが料金体系よりも重視するべきは〝仲人の質〟。

昔では各結婚相談所が各々の判断で料金を設定していましたが、最近では結婚相談所を束ねる連盟が料金自体の指針を定めてきています。今後、相談所の料金に違いがなくなり、判断材料が減ることが予想されるのです。

そして、あなたの目的は「結婚相談所を適正価格で利用する」ことではなく「結婚をして幸せな未来を掴む」ことであるはず。料金はあくまで参考程度にすると良いでしょう。

料金の他にも結婚相談所を判断するポイントに「結婚相談所の比較ポイント|誰もが気になる6つの要素と見極めるコツ」を読んでみましょう。

3.質のよい結婚相談所か見極めるには「お見合い料」と「成婚料」の費用に注目

相談所の料金は主に4つの要素があるとお伝えしました。しかしその中でも特に注目すべきものが2つあります。〝お見合い料〟と〝成婚料〟です。

注目すべき料金①.お見合い料

結婚相談所を利用する以上、あなたはお見合いによって未来の伴侶を見定めることになります。お見合いの内容があなたの今後を左右するのです。

その大切なお見合いに設定されている金額は、「担当仲人があなたのお見合いに割く時間・パワー」を表しています。実のところ「お見合い料が2000~3000円程度」の相談所では、充分なサポートが期待できないかもしれません。

そしてお見合い料の金額と合わせて「お見合いで担当の仲人がどうサポートをしてくれるのか」もしっかりと確認する必要があります。

注目すべき料金①-1.見合い料が少ない相談所の仲人は軽い顔合わせだけで帰る可能性が高い

お見合い料が少ない相談所では、「担当仲人は待ち合わせ場所で軽くお互いの顔合わせを行っただけで帰る」ことが多いのです。

仲人がお見合いに立ち会うには当然その間の人件費が発生しますし、現場にいくなどの手間が掛かります。そのためお見合い料が少ない相談所の仲人はお見合いに立ち会ってしまうと、そもそも採算が合わないのです。

注目すべき料金①-2.仲人がお見合いにしっかりと同席する結婚相談所は10人社2、3社(関西の場合)

実は仲人がお見合いにしっかりと立ち会う結婚相談所は年々少なくなっています。相談所が10社あれば、同席するのは2、3社でしょう。そしてお見合いに同席したとしても充分なサポートができる仲人は、さらに限られます。

自分自身でお相手と会話をしたいために、仲人がお見合いに立ち会わないことを望む方も当然おられるでしょう。ただその場合、そもそも相談所を利用するメリットがありません。

  • お見合いの席で仲人がどうサポートしてくれるのか
  • そもそも同席してもらえるのか

結婚相談所を利用するからには、上の2つはキーポイントなのです。

注目すべき料金②.成婚料

成婚料に注目することも、結婚相談所を見極める上で大切なポイント。

注目すべき料金②-1.「成婚料が高い」=「絶対に質が高い」わけではない

ここまでなんども登場していますが、成婚料とは「成婚に対する成果報酬」です。婚活業界に馴染みのない一般の方の中には、成婚料が高ければ何となく「この相談所はすごいのかも」と思われるかもしれません。

自信が無ければなかなか成婚料を高くは設定しにくいでしょうし、会員の方がサービスに納得しなければ不満も出るでしょう。ですが成婚料が高いからといっても、イコール「相談所の質が高い」わけではないのです。中にはとても変わった相談所もあります。

価格・値段だけに囚われずに、相談所があなたのためにサポートを惜しまないところなのかどうかを初回相談・無料相談でしっかりと見極めるようにしましょう。

注目すべき料金②-2.成婚料が全くない場合|相談所ではなく結婚情報サービスかもしれない

結婚相談所を探してホームページで価格表を見ている時、

  • 成婚料が全く掛からないところ
  • 成婚料がほとんど掛からないところ

を見掛けることがあるでしょう。

そんな時は「ラッキー」と思う前に少し注意してください。成婚料が全くない・少ない場合、そこはそもそも結婚相談所ではなく結婚情報サービスの可能性があるのです。

結婚情報サービスとは「結婚を希望する人を集めた大規模なデータマッチングサービス」です。楽天オーネットやZwei(ツヴァイ)等がそれにあたります。マッチングアプリ・婚活アプリの豪華版と想像されると良いでしょう。

基本的には自分自身での婚活が前提となるので、あなた自身のパワーが特に求められます。

そして現在の結婚相談所とはカンタンに言えば、データマッチングにプラスして仲人のサポートがついたサービスとなっています。プロの助けを得て婚活をしたいなら、結婚相談所を選びましょう。逆に自分自身の婚活力に自信があって、自分ですべてコントロールしたい人にはデータマッチングで良いでしょう。

4.もし結婚相談所が気に入らず返金してもらいたい時は

あなたがより良い相談所を選べるように料金体系についてお話ししてきましたが、残念ながら良い結果が得られずに相談所に不満を抱くこともあるかもしれません。

もしその相談所が気に入らなかった時、早期ではクーリングオフ、中途解約では一部の料金を返金してもらえる可能性があります

4-1.結婚相談所の契約はクーリングオフが認められている

結婚相談所の契約はクーリングオフが認められています。

※クーリングオフとは

クーリング・オフは、消費者が訪問販売などの不意打ち的な取引で契約したり、マルチ商法などの複雑でリスクが高い取引で契約したりした場合に、一定期間であれば無条件で、一方的に契約を解除できる制度です。

(中略)特定継続的役務提供(エステ、語学教室、学習塾、家庭教師、パソコン教室、結婚相手紹介サービス):8日間

引用:独立行政法人国民生活センター クーリング・オフ  http://www.kokusen.go.jp/soudan_now/data/coolingoff.html

国民生活センター・消費者センターでは結婚相談所のクーリングオフやトラブルについての相談を受け付けています。結婚相談所との間で何かトラブルが起こった場合には一度相談をしてみましょう。(独立行政法人国民生活センター http://www.kokusen.go.jp/

4-2.中途解約の場合でも返金の余地がある

またクーリングオフ期間の8日を過ぎた中途解約であっても、返金の余地があります。クーリングオフとは違い、一部の返金にはなると思いますが「中途解約でも返金の余地がある」と知っておいて損はないでしょう。これも同じく、何か起こった時には国民生活センターに相談をするようにしましょう。

5.まとめ|料金はあくまで目安

料金だけを取ってみても、本記事でご紹介したように「注目すべきポイント」があるのだとお分かりいただけたかと思います。

ですが一番大事なのは、あなた自身が幸せになることです。いくら費用が安くても高くても、あなたが幸せな成婚を果たさないことには意味がありません。結婚相談所の料金は決して安くはないので、費用に囚われがちですが、そこだけに目を向けると相談所選びに失敗してしまいます。

料金の判断はある程度に抑えておいて、その結婚相談所があなたをどうサポートしてくれるのか、真剣に考えてくれるのかを見極めることに集中しましょう。

そしてその見極める場とは〝初回の無料相談〟です。

優秀な結婚相談所の初回無料相談では、あなたのことを知ろうと努力し、仲人自身もあなたをサポート出来そうかどうかを判断してきます。冷静に判断をするためにも、次のような流れで相談所を判断すると良いでしょう。

  • 良さそうだと思う結婚相談所に無料相談の申込をする
  • 相談日当日、仲人があなたのことをとことん尋ねてくるか、具体的な対策を話してくれるかを見極める
  • 当日には入会せず、一度冷静になって本当にその相談所を選ぶかを考える

あなたが良い結婚相談所を選んで結婚をし、幸せな人生を過ごすことを願ってやみません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

いくら婚活をがんばっても成果が出なくて、希望を見失いかけてはいませんか?

  • ・初期費用を10〜30万円も払って結婚相談所に登録したのに、まったく交際に結びつかない
  • ・婚活パーティに何十回といっているのにお付き合いできたことがない
  • ・しっかりとサポートしてくれる仲人・アドバイザーがいる結婚相談所を探している

 

株式会社婚礼センターは結婚のお世話を引き受けた方を〝必ずまとめる〟という強い信念を持ってサポートする、兵庫県神戸市にある「成婚を請け負う」結婚相談所です。

あなたがなぜうまくいかないのか、その原因を探るために婚礼センターでは初回の無料相談で必ず「あなたについての事実・真実」を聞かせていただきます。それによって本当の原因・問題がわかり、あなたを成婚へ導く対策が見えてくるのです。

もし自分ひとりではなく、本当にあなたの味方となってくれる人に婚活をサポートしてもらいたい方は一度弊社の無料相談をお申し込みください。

※無料相談にあたって

  • ・無料相談当日は兵庫県神戸市中央区(三宮駅すぐ)にある婚礼センター本社にお越しいただきます。
  • ・他の相談所とは違い、あなたを知ることに集中するために婚礼センターの無料相談ではよほどの事情がない限り、当日の入会をお断りしております。(相談後、一度ご自身で冷静になってからご希望の場合には後日ご入会の旨をご連絡いただきます)
  • ・なぜ今までうまくいかなかったのか、これからどうするべきかを判断するため、包み隠さない事実をお聞かせください。「プライベートなことなのでお話しできません」という場合は無料相談を途中で打ち切らせていただくこともございます。あらかじめご了承ください。

 

昔ながらの頼れる仲人がいる〝成婚を請け負う〟結婚相談所

株式会社婚礼センター

TEL: 078-251-3677

(※お電話の受付時間 11:00〜18:00|火曜定休)

兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町5-7-20 明花ビル6A


メールフォームから無料相談を申込む

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.